徹底解説SCORM 2004 活用講座

公開講座についてのお知らせ

2014年3月末をもちまして「公開講座」を、終了とさせていただくこととなりました。
サービス開始よりご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

なお今後は、「公開講座」にて培ったノウハウを盛り込みながら、同ブランドの『法人研修』につきまして、一層充実したサービスを提供してまいります。
つきましては引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

概要

徹底解説 SCORM 2004 活用講座は、最新のeラーニング(e-Learning)標準規格SCORM 2004(スコーム2004)の概要とポイントを、1日で習得するトレーニングです。

この講座で、できること
  • SCORM 1.2とSCORM 2004の違いを理解できます。
  • マニフェスト定義ツールの操作方法を理解できます。
  • SCORM 1.2教材の2004移行ポイントを理解できます。
  • 教材制作に役立つツールを理解できます。
こんな方におすすめします
  • SCORM 2004の知識を必要とする教材制作のディレクション、システム開発者、教材開発者。
  • SCORM技術者の資格を取得したい。

最新のeラーニング標準規格、SCORM 2004のポイントを短期間で

徹底解説 SCORM 2004 活用講座

徹底解説 SCORM 2004 活用講座は、SCORM 2004(スコーム2004)の概要や要点の解説、把握すべきポイントをご紹介し、具体的なサンプルを用いて解説します。

さらに、マニフェストファイルの定義方法など、一部ハンズオン(実習)形式で制作手法を学びます。

講師は、「SCORMのプロフェッショナル」として日本イーラーニングコンソーシアムが認定したSCORMアセッサが担当します。

コースカリキュラム

SCORM 2004ならではの学習内容

講座の目次
講座の目次
PDF/44KB

徹底解説 SCORM 2004 活用講座では、各種仕様書の構成やガイドブック、補助ツールなどをご紹介し、重要なトピックスやLMSの構築ポイントをご説明します。

SCORM 2004に欠かせない、マニフェスト定義ツールの操作方法も解説します。

  • API関数の呼び出し遷移
  • SCORM2004への導入
  • SCORM 1.2とSCORM2004のシーケンシングの違い
  • シーケンシングの動作例
  • SCORM1.2と2004のエラーコード比較
  • データタイプについて
  • SCORM2004デモコンテンツの概要
  • オープンソースの現状
  • ReloadEditor2004の使用方法について
  • 教材作成に役立つツール

実習では、テンプートをベースとした教材開発を行います。サンプルはお持ち帰りできますので、実際の教材開発業務でもご利用できます。

お客さまの声

講座を受講いただいた、お客さまの声をご紹介します。

SCORM2004は1.2と比べて、確かにコンテンツ作成は難しそうだなと思いましたが、その分、やはりおもしろい教材が作れそうだなと思いました。ぜひSCORM2004の特性を活かした教材を作ってみたいと思います。

(H.Tさま)

SCORMについて不明確であった部分がよく理解できたのでとても良かった。デモコンテンツの解説で、可能であれば実装方法を詳しく見せてもらえると参考になるかも。

(M.Yさま)

FAQ

 

受講前

SCORMがよくわからないのですが、講座についていけますか?

いいえ、本講座はSCORM 1.2の知識をお持ちの方が対象者となりますので、まずは徹底解説 SCORM 1.2 入門講座を先に受講ください。

関連用語・キーワード

SCORMとは

SCORM(スコーム)とは、Sharable Content Object Reference Model(共有可能なコンテンツオブジェクト参照モデル)の略称で、eラーニングにおける共通化のための標準規格です。

米国のADL(Advanced Distributed Learning)という標準化推進団体により定義・公開されており、eラーニング共通化規格として、事実上の世界標準となっています。

詳しくはSCORMとはのページをご覧ください。

SCORM 2004とは

SCORM 2004(スコーム2004)とは、SCORM規格の最新バージョンとなります。2004では、1.2では成し得なかった「シーケンシング&ナビゲーション」が追加されています。

この機能が追加されたことで、今までのSCORM 1.2では作ることのできなかった「学習の順序分け」や「データの共有」が可能になりました。

詳しくはSCORM 2004連載記事をご覧ください。

詳細

徹底解説 SCORM 2004 活用講座
講座情報 講座名 徹底解説 SCORM 2004 活用講座
講座種別 m-School 実践
実習 パソコンでの実習がない、聴講形式です
カテゴリー eラーニング
講座日数 日数 1日
総時間 6時間(1日6時間×1日)

前提条件

講座を受講するうえで、下記の知識・経験が必要になります。

前提条件
基本操作 下記のようなWindowsの一般的な操作ができる。
  • マウス操作(クリック、ダブルクリック、ドラッグ)
  • フォルダ操作(作成、名前の変更、コピー)
  • テキスト操作(入力、フォント変更、フォントサイズ変更)
プログラミングの経験 必要ありません。
デザイン制作の経験 必要ありません。
ネットワークの知識 一般的なインターネットのしくみや、ネットワークシステムの概要を把握していれば望ましいです。
Webページ制作の経験 必要ありません。
その他
  • SCORM 1.2の知識がある。
  • 徹底解説 SCORM 1.2 入門講座を受講済み、または同等の知識を持っている。
  • SCORM上のLMSとコンテンツの役割分担を理解している。
  • SCORM APIの役割を理解しており、SCORM教材の初期化」から「修了処理」までの一連の作業を理解している。

おすすめ講座

受講する前・受講した後にオススメしている講座です。

受講前・受講後にオススメの講座
この講座を受講する前にオススメ SCORMを初めて学ぶ方は、徹底解説 SCORM 1.2 入門講座を受講ください。
この講座を受講した後は、これが最適
お申し込みはすべて終了しました

お申し込みは終了しました。
集合研修のご相談などがありましたら、お気軽にお問い合わせください

関連リンク

SCORM 2004 活用講座

 

研修サービスの講座一覧へ

法人研修プランをご提案します

本講座は法人研修として随時承り中です。お話を伺い、最適のコーディネートをさせていただきます。

ご希望、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせページよりご連絡ください。

SCORM 2004 活用講座
講座種別 m-School 実践
実習 パソコンでの実習がない、聴講形式です
カテゴリー eラーニング
日数 1日
講座の目次
講座の目次
PDF/44KB

RSSフィードで
最新情報を購読