アイ・ラーニング研修オブジェクト指向

講座ラインナップ

オブジェクト指向 ラインナップ

講座の一覧

オブジェクト指向開発は、今や技術者にとって必須の知識となっています。コースラインナップは、より実践に向いた設計の部分を中心にご提供しています。

m-Schoolならではの割引価格

アイ・ラーニング社の研修トレーニングコースは、長年の社員教育から導きだされた人材育成、ITスキル育成のノウハウが蓄積されています。

m-Schoolからお申し込みいただくと、下記2点のメリット・特典があります。

  1. 通常の受講では「i-Lerning社への会員登録」が必要となりますが、m-Schoolがお申し込みを代行しますので、お客さまの手間が軽減できます。
  2. 通常価格の5%割引きで、アイ・ラーニング社の研修を受講いただけます。

オブジェクト指向開発 分析編

実践!オブジェクト指向開発 分析編

この講座で学べること
  • 従来の開発に慣れ親しんだ方でも、オブジェクト指向分析ができる。
  • Webアプリケーションでの分析工程全般を理解し、説明できる。
  • ユーザー要件を分析して、ユースケースが記述できるようになる。
  • ユースケース、データモデリングから概念クラスを抽出できる。
  • ドキュメントのレビューができる。
こんな方におすすめ
  • オブジェクト指向開発を行うメンバー、リーダー、マネージャー。

コースカリキュラム

  • 1日目
    • オブジェクト指向概要と従来の開発プロセスの比較
    • 統一プロセスの基礎
    • 分析手順の解説
      • 新システム機能要件一覧、非機能要件の洗い出し
      • 業務フロー作成とユースケース抜出
      • ユースケースからオブジェクト抽出
      • 各テーマ毎に机上演習
  • 2日目
    • 分析手順の解説(続き)
    • データ・モデリングからオブジェクト抽出
    • クラスの属性、操作、責務の割当、クラス図作成
    • シーケンス図での確認
    • 分析クラスの見直し
    • ユースケース・クラス図等のレビューポイント
    • 各テーマ毎に机上演習

講座について

実践!オブジェクト指向開発 分析編
コースコード IAD93
講座名 実践!オブジェクト指向開発 分析編
前提条件 「UML表記法:はじめてのオブジェクト指向システム開発」(CD080)を修了しているか、または同等のUMLの基礎知識(簡単なUMLの図が読める程度)を有すること。
スキルレベル ITSS アプリケーションスペシャリスト メソドロジ レベル3
会場
茅場町研修センター
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4-3 国際箱崎ビル
茅場町研修センターへのアクセス・地図
受講料 90,000円(税別)
上記価格より、m-School特別割引5%オフの価格となります。
受講時間 9:30~17:00
備考 机上演習でWebアプリケーションの分析を行い、解説も致します。

開催スケジュール

アイ・ラーニング社のコース詳細ページ よりご確認ください。

IBM製品研修はアイ・ラーニング社からの提供になります。

お申し込み

関連リンク

オブジェクト指向

 

アイ・ラーニング研修一覧へ

RSSフィードで
最新情報を購読