第9回 PDFのファイルサイズを小さくする手法Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)とPDFを活用する連載記事

今回の機能

ファイルサイズを縮小

PDFを扱う上でやはり気になるところはファイルサイズ。PDFはもともとファイルサイズを小さくしてクオリティを高く保てる特長があるため、通常の変換でもそれなりにファイルサイズを縮小させることができます。

しかし、変換した結果、「思ったよりも重いなぁ~。」と感じるときも多々ありますよね。

そんなときのために、PDFのファイルサイズを落とす方法があります。それが『ファイルサイズを縮小』です。

この機能はPDFファイルを閲覧するための互換性を変更するとともに、下記の機能を同時に実行することができます。

この方法は、ファイルサイズが大きいPDFファイルには特に有効です。一概にどのぐらい軽減するかはPDFに追加されている情報量によるものなので解説はできませんが、5MBぐらいのPDFが700KBぐらいまで減ることもあります。

しかし、ファイルサイズの小さいPDFでは、あまり変化がない場合もあります。ちょっとファイルサイズを下げたいなというときにはオススメの操作ですので是非お試し下さい。

操作方法

  1. ファイルサイズを縮小したいPDFファイルを開きます。
  2. [文書]メニューの[ファイルサイズを縮小]をクリックします。
  3. 互換性を設定します。
    互換性を設定
  4. 内容とファイルサイズを確認します。
    • 変換前
      変換前のファイルサイズを確認
    • 変換後
      変換後のファイルサイズを確認
活用法
  • ファイルサイズを縮小するとWeb上でアクセスする場合などのパフォーマンスを向上させることができます。また、容易にメールやその他のデバイスでやり取りが行えるようになります。

さて次回は、『PDFにデジタル署名を追加する』を紹介します。

次のページは…
PDFにデジタル署名を追加する
関連リンク
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
Adobe認定インストラクター

Dreamweaver、Acrobat、CaptivateなどのACI(アドビ認定インストラクター)を保有し、多岐にわたり講師をつとめる。2005年に「パソコン教科書 Flash 8」を執筆。

今さら聞けない Adobe Acrobat & PDF

RSSフィードで
最新情報を購読