第12回 Adobe Reader(アドビ リーダー)の
機能を拡張するAdobe Acrobat(アドビ アクロバット)とPDFを活用する連載記事

今回は、Adobe Readerの能力を引き出す拡張機能について解説したいと思います。

今回の機能

Adobe Readerで拡張機能を有効にする

通常、Adobe ReaderではPDFの閲覧やPDFの印刷しかできないと思われがちですが、この機能を使用するとAdobe Readerでも、

といった、通常 Adobe Readerではできない操作を使うことができます。

この機能が付与できるバージョンは、Acrobat 8 Professional および Acrobat 9 Pro 以上が必要です。Adobe Reader を有効活用できるのもAcrobat ファミリーの特徴の一つです。

Adobe Readerで拡張機能を有効にする

  1. 機能を付加させたいPDFファイルを開きます。
  2. [アドバンスト]メニューから[Adobe Readerで拡張機能を有効にする]を選択します。
  3. ダイアログが表示されたら[今すぐ保存]をクリックします。
    Adobe Readerで拡張機能を有効にする
  4. Adobe Readerで、保存したファイルを開くと[注釈]など機能を使うことができます。
活用法
  • この機能を使うことによって、Adeobe Reader ユーザーでも、レビューや署名の追加といったさまざまなPDFを活用したフローに参加することができるため、効率よく業務を進行することができます。

次回は、『PDFに画像データを入れてみる』を紹介します。

次のページは…
PDFに画像データを入れてみる
関連リンク
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
Adobe認定インストラクター

Dreamweaver、Acrobat、CaptivateなどのACI(アドビ認定インストラクター)を保有し、多岐にわたり講師をつとめる。2005年に「パソコン教科書 Flash 8」を執筆。

今さら聞けない Adobe Acrobat & PDF

RSSフィードで
最新情報を購読