第31回
PDFのOCRテキスト認識Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)とPDFを活用する連載記事

今回は、『PDFのOCRテキスト認識』をご紹介します。

今回の機能

OCRテキスト認識

OCRテキスト認識では、スキャナなどで取り込んだ画像形式のPDFを検索可能な文字列として変換させる機能です。

操作方法

  1. 画像形式になっているPDFファイルを開きます。
    画像形式になっているPDFファイル
  2. 画像形式になっているかどうかは、選択ツールで画面上を選択します。
    ページ全体が選択された場合は、画像形式になっています。
    画像形式になっているかを確認
  3. [文書]-[OCRテキスト認識]-[OCRを使用してテキストを認識]。
    [テキスト認識]ダイアログで、[OK]をクリックします。
    ダイアログで、[OK]をクリック
  4. 認識が開始されます。
    認識中
  5. 認識後に選択を行うと以下の画像のように、文字列の選択が行えます。
    文字列の選択ができる
  6. 文字列として認識ができている場合、[検索]ボックスで検索が行えます。
    [検索]ボックスで検索が行える
活用法
  • OCRとして認識することで、検索可能な文字列にすることができます。
  • すばやく検索を行い効率の良いファイル管理の実現やPDFの再利用などが行えます。

さて次回は、『Acrobat.comで複数のファイルを管理・共有する』を紹介します。

次のページは…
Acrobat.comで複数のファイルを管理・共有
関連リンク
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
Adobe認定インストラクター

Dreamweaver、Acrobat、CaptivateなどのACI(アドビ認定インストラクター)を保有し、多岐にわたり講師をつとめる。2005年に「パソコン教科書 Flash 8」を執筆。

今さら聞けない Adobe Acrobat & PDF

RSSフィードで
最新情報を購読