第6回 散布ブラシで、フレーム(枠)を作るAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)の基本的な操作やテクニックを紹介していく連載記事

第4回の「ブレンドツールで、フレーム(枠)を作成する」でも、枠を作成しました。今回はちょっと違うやり方、散布ブラシを使ってフレーム(枠)を作成したいと思います

今回の課題
「散布ブラシで、フレーム(枠)を作る」

まずは、散布ブラシで使う模様を準備し、新規ブラシとして登録します。

既に登録されている散布ブラシをアレンジしたい場合は、順番をとばして「[ 散布ブラシオプション ]でオブジェクトのサイズや角度を調整する」から読んでみてくださいぱぐ

新規ブラシの作成

  1. 模様にしたい素材を用意します。
    素材を用意
  2. [ 選択ツール ]にし、素材を選択します。
    素材を選択
  3. コントロールパネルの[ ブラシ定義 ]をクリックし、[ ブラシ ]パネルを表示します。[ ブラシ定義 ]をクリック
  4. [ ブラシ ]パネルの下にある、[ 新規ブラシ ]をクリックします。
    [ ブラシ ]パネルから、[ 新規ブラシ ]をクリック
  5. 新規ブラシの種類をどれするか聞かれるので、[ 散布ブラシ ]にチェックして[ OK ]をクリックします。
    散布ブラシを選択
  6. [ 散布ブラシオプション ]が開き、いろいろとここで細かく設定できます。
    とりあえず細かい設定は後から調整することにして、名前だけ変更して[ OK ]をクリックします。
    登録する散布ブラシに名前を付ける
  7. フレーム(枠)となる長方形を作ります。
  8. 作った長方形を選択し、[ ブラシ ]パネルからさっき作成した[ 散布ブラシ ]をクリックします。
    作成したブラシを選択
  9. 雪の散布ブラシが適用されました。
    そのままでは、素敵ではないので[ 散布ブラシオプション ]を調整します。
    [ 散布ブラシオプション ]を調整

[ 散布ブラシオプション ]でオブジェクトのサイズや角度を調整する

  1. [ ブラシ ]パネルを開き、作成した[ 散布ブラシ ]をダブルクリックします。
    作成したブラシをダブルクリック
  2. [ 散布ブラシオプション ]が開きました。
    調整したときの変化がわかりやすいように、[ プレビュー ]にチェックを入れます。

    試しに、サイズを調整してみました。
    [ プレビュー ]にチェックをし、サイズを変更してみる
    ◆各設定の説明◆
    サイズ:オブジェクトのサイズを設定します。
    間 隔:オブジェクトの間隔設定します。
    散 布:オブジェクトとパスの間隔を設定します。
    回 転:オブジェクトを回転する角度を設定します。
    回転の基準:オブジェクトが回転する基準を設定します。
    ※各設定にある「ランダム」を選択した場合、最大値と最小値を▲と△で設定します。

  3. 他の設定も行います。
    他の設定も行う
  4. 完成!
    ↓こんな感じになりました。中の塗りが要らない場合は、ツールボックスにある「塗り」の設定「なし」にしてくださいね。
    完成!

またまた、作ってしまいました。クリスマスカード。前回のよりもうまく作れたかもぱぐ
クリスマスカード

次のページは…
直線ツールで、ちゃちゃっと矢印を作る
関連リンク
髙橋 真美 (たかはし まさみ)
髙橋 真美 (たかはし まさみ)
m-School デザイナー

Webデザイン部でイラストの作成を主に担当したのち、m-Schoolに。事務作業をこなしつつ、イラストの作成も細々と行う。

犬が好きだが犬種はあまり知らない。パグがとにかく好き。

イラレクラブ

RSSフィードで
最新情報を購読