第28回 さまざまなツールでIEの表示を確認するテーブルレイアウトを卒業しよう

さまざまなツールでIEの表示を確認する

制作の過程や、最終段階ではブラウザーので表示確認が必要になります。ここで少し手間がかかるのがInternet Explorer(以下IE)のバージョンの問題です。

今現在、世の中で使用されているIEは、大きく分けてIE6/IE7/IE8の3バージョンです。これらのブラウザはそれぞれ大きなシェアをもっているた め、表示の確認は必須といえますが、問題は1つのOS(Windows)につき、1つのIEしかインストールできない点です。

異なるバージョンのIEが入ったPCが何台もあればもちろんいいのですが、なかなかそうもいかないので、さまざまなツールを使用してIEでの表示をチェックします。

IETester

個人的イチオシはこちら。IE5.5~IE8までの表示を確認できるツールです。動作OSはWinXP,Vista,7のいずれか。

タブブラウザーのような操作で、非常にカンタンに確認することができます。あくまで確認ツールなので、完全な検証とはいえませんが、制作中の確認等には最適ではないでしょうか。

IETesterのダウンロードはこちらから

Internet Explorer Collection

こちらは、IE1~8まで全てのIEをインストールしてしまう荒技?ツールです。標準で搭載しているIEとは別にインストールされるので、IE同士の干渉はないようですが、若干コワイ気もします。

しかし需要があるかないかは置いておいて、初期の頃のIEのインターフェイスを見ることができるので面白いですね。現在のサイトはほぼまともに表示できないと思いますが…。

Internet Explorer Collectionのダウンロードはこちらから

Multiple IE

こちらも複数のIEをインストールするツールです。IE3~6を個別にインストールすることができます。

Multiple IEのダウンロードはこちらから

Microsoft Expression Web SuperPreview for IE

こちらはMicrosoft製の確認ツールで、IE6~8までの表示を確認することができます。画面を分割して左右で違うブラウザーで表示したり、表示をか さねてズレをわかりやすくしたりと非常に多機能なのですが、完全フリーツールというのがとてもうれしいところです。ブロックレベル要素の範囲をハイライト して幅や高さを表示してくれるなど、比較検証以外にも役に立つ機能も搭載されています。

Microsoft Expression Web SuperPreview for IEのダウンロードはこちらから

Adobe BrowserLab

BrowserLabは、Web上でブラウザーの表示を確認することができるAdobeのWebサービスです。IE6~8とFirefox、Safariでの確認が可能で、さらにOSも切り替えることが可能です。

SuperPreview同様に画面の分割表示や、重ねて表示など、非常に多機能なのですが、将来的に有料サービス化するらしいところがちょっと残念。

Adobe BrowserLabへのアクセスはこちらからAdobe IDとユーザー登録が必要です。(いずれも無料)

いくつかツールやサービスをご紹介しましたが、特に複数のバージョンのIEを同居させるタイプのものをご利用の際はオウンリスクでお願いいたします。。。やはり理想は実機の環境で確認するのが一番確実です。

では次回もお楽しみに。(こう鈴木 航 (すずきこう)

次のページは…
text-indentで画像を置き換えた時の輪郭線
関連リンク
鈴木 航 (すずき こう)
鈴木 航 (すずき こう)

XHTML、CSSなどのWeb関連技術を得意とする。かぼちゃの煮物が嫌い。

CSS 3分コーディング

RSSフィードで
最新情報を購読