第9回 Adobe Presenterとは?Adobe Captivateを活用した、eラーニング教材制作に役立つ連載記事

第8回までは、Captivateの概念~eラーニング教材への出力方法について解説をいたしました。

これで一通りのCaptivateの流れはご紹介できましたので、今回はちょっとCaptivateから離れてeラーニング教材制作にオススメの製品第2弾としまして、Adobe Presenterをご紹介いたします。

Adobe Presenterとは

Adobe Presenter(アドビ プレゼンター)は、eラーニングコンテンツと高品質のマルチメディアプレゼンテーションを手早く作成するためのソフトウェアツールです。

Microsoft PowerPointからすばやくeラーニングコースを作成することができ、数回クリックするだけで、平凡なプレゼンテーションを魅力的なAdobe Flashコンテンツに変えることができます。ナレーションやアニメーション、クイズを追加することでeラーニングコンテンツが簡単に作成できます。

なにができるの?

Presenterでは下記のような物が作れます。

Flashベースのプレゼンテーション
手軽にMicrosoft PowerPointからブラウザで閲覧が可能な、Flashベースのプレゼンテーションコンテンツの作成が可能になります。
eラーニングコンテンツ
LMS(学習管理システム)に通信ができるクイズの作成が可能なため、「学習用の教材」「eラーニング配信教材」として利用することができます。
完成したコンテンツ
完成したコンテンツ

Presenterで作成した完成品はこちらからご覧いただけます。

音声がでますのでご注意ください。

閲覧にはなにが必要なの?

作成したデータの出力形式は、Captivateと同様のFlash形式(SWF)が基本です、

があれば閲覧できます。大抵のパソコンでは既にインストール済みなので、特別なインストールなどせずに閲覧が可能です。インストールされていない場合でも、どちらも無償で手に入れられます。

Adobe Captivateと、どこが違うの?

eラーニング教材を作る点は同じですが、それぞれに特徴がありますので、自分が作りたいと思う成果物に合わせて使い分けてみてください!

Captivateの特徴

Presenterの特徴

次回は、実際に作る手順を紹介いたします。

次のページは…
Adobe Presenterを使ってみよう!
関連リンク
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
Adobe認定インストラクター

Dreamweaver、Acrobat、CaptivateなどのACI(アドビ認定インストラクター)を保有し、多岐にわたり講師をつとめる。2005年に「パソコン教科書 Flash 8」を執筆。

Adobe製品ではじめる
eラーニング教材制作

RSSフィードで
最新情報を購読