第12回
Captivateプロジェクトに音声を追加してみようAdobe Captivateを活用した、eラーニング教材制作に役立つ連載記事

今回はCaptivateでできる音声の取り扱いについて紹介いたします。

Captivateで追加できる音声ファイル

Captivateで追加できる音声は、

のどちらかになりますが、WAV形式で音声を追加しても自動的にMP3形式に変換されます。

音声の挿入場所

Captivateではさまざまな場所に音声を追加することができます。

これらの場所に音声が追加できるため用途に合わせてBGM・ナレーション・効果音を使い分けることができます。

ナレーションの追加

音声ファイルはプロジェクトの記録前、記録後どちらでも挿入することが可能です。記録前であれば以下のような操作で追加します。

  1. Captivateを起ち上げ、[ソフトウェアシミュレーション]を選択します。
    [ソフトウェアシミュレーション]を選択
  2. 記録の範囲を選択します。
    記録の範囲を選択
  3. [自動記録]の音声[マイクボリューム]に設定して、[記録]ボタンを選択します。
    [自動記録]の音声[マイクボリューム]に設定
  4. はじめて録音をする場合は、音声入力測定を行います。※この時点で、パソコンマイクを接続しておく必要があります。
    音声入力を測定
  5. 入力測定後、[記録]ボタンを選択します。
    入力測定後、[記録]ボタンを選択
  6. カウントダウンされ、記録が開始になります。マイクに音声を追加しながら記録していきます。
    記録が始まるまでの、カウントダウン
  7. 記録後、スライド・タイムラインを確認します。スライドには[スピーカーアイコン]、タイムラインには音声の波形が表示されます。
    記録後、スライド・タイムラインを確認
  8. 追加した音声は波形をダブルクリックすることで、簡易的な音声編集もできます。
    音声を編集
次のページは…
クローズドキャプションを追加する
関連リンク
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
Adobe認定インストラクター

Dreamweaver、Acrobat、CaptivateなどのACI(アドビ認定インストラクター)を保有し、多岐にわたり講師をつとめる。2005年に「パソコン教科書 Flash 8」を執筆。

Adobe製品ではじめる
eラーニング教材制作

RSSフィードで
最新情報を購読