第18回 Captivateで
ゴリゴリ動くWebサイトを記録してみたAdobe Captivateを活用した、eラーニング教材制作に役立つ連載記事

今回は、Captivateのフルモーション記録を使ってゴリゴリ動くWebサイトを記録してみました。

通常Captivateでは、第1回で紹介したCaptivateとは?のDemoのように記録の対象物に動きがないものをキャプチャするのが基本です。

しかし、すべての画面が静止画の状態というわけではありませんので、そのような画面を記録する場合には通常の記録方法ではなく、フルモーション記録を使用します。

フルモーション記録を使用することでサイト上の動きやマウス動作など実動作をすべてリアルタイムに記録をすることができます。

Captivateでゴリゴリ動くアニメーションサイトを記録してみた
Captivateでゴリゴリ動くアニメーションサイトを記録してみた

アニメーションサイトの例としてアドビ社のWebサイトでご紹介します。

今回記録した画面は、データ容量の都合で画質を下げているため少し荒っぽくカクカクしていますが、高画質の設定にすれば、キレイで滑らかな表示が可能です。

次のページは…
Photoshop CS5新機能~パペットワープの使い方
関連リンク
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
Adobe認定インストラクター

Dreamweaver、Acrobat、CaptivateなどのACI(アドビ認定インストラクター)を保有し、多岐にわたり講師をつとめる。2005年に「パソコン教科書 Flash 8」を執筆。

Adobe製品ではじめる
eラーニング教材制作

RSSフィードで
最新情報を購読