第23回 Flash CS5 新機能
AIR 2.0の書き出しをしてみた動画Adobe Captivateを活用した、eラーニング教材制作に役立つ連載記事

今回は、Adobe Flash CS5(アドビ フラッシュ CS5)の新機能を使ってみました。

AIR 2.0ファイルの作成

本ブログの連載にて、Flash CS5でAndroidアプリを書き出す方法は既にFlash CS5でAndroidアプリ開発:パブリッシュ編!で紹介済みでしたので、ここではAIR 2.0の書き出しをやってみました。

AIR 2.0書き出しをしてみた動画
AIR 2.0書き出しをしてみた動画

AIRコンテンツの書き出し方法はFlash CS4でも行えますが、CS5からAIR 2.0の書き出しが行えるようになっています。

操作方法

  1. 新規ファイルAIR 2.0で作成します。
  2. 通常のFlash制作と同じようにコンテンツを作成します。
  3. パブリッシュの設定をします。
  4. AIR ファイルの書き出しには、電子証明書が必要なため証明書を持っていない場合は作成します。
  5. パブリッシュをします。
  6. 書き出された.airをインストールします。
次のページは…
Acrobat 9 Pro新機能~ポートフォリオ
関連リンク
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
遠藤 明久 (えんどう あきひさ)
Adobe認定インストラクター

Dreamweaver、Acrobat、CaptivateなどのACI(アドビ認定インストラクター)を保有し、多岐にわたり講師をつとめる。2005年に「パソコン教科書 Flash 8」を執筆。

Adobe製品ではじめる
eラーニング教材制作

RSSフィードで
最新情報を購読