第2回 Flash Playerとは?アニメーションの作り方からActionScript 3.0プログラミングまで、ステップアップで脱初心者

ほぼ100%に近い割合で世界中に普及

Flash Player(フラッシュ プレーヤー、フラッシュプレイヤー)とは、Flashで作成されたコンテンツを再生するためのWebブラウザ用のプラグインです。

Flashのバージョンアップに伴い、Flash Playerもバージョンアップしています。

Flash Playerは、最新版のFlash Player10で97.3%、1つ前のFlash Player9で99.0%と、ほぼ100%に近い割合で世界中に普及しています(2010年5月現在)。

最新のFlash Playerは、Adobe社のサイトから無料でダウンロードできます。

Flash Playerは常に最新を心がけましょう

Flashでコンテンツ制作をする上で、Flash Playerのバージョンは非常に重要です。

実装された動きや処理により、Playerのバージョンが伴わない際は、不具合などで再生できない場合があります。

また、Flashで使用されるプログラミング言語であるActionScript(アクションスクリプト)のバージョンにも、Flash Playerのバージョンが関係してきます。

ActionScriptには、1.0、2.0、3.0がありますが、ActionScript3.0を使用する処理は、Flash Player9以上でないと再生することができません。

なので、Flashでコンテンツを制作する際は、実装したい動きや想定されるPlayerのバージョンなどを考慮して、制作を行う必要があります。

Flash PlayerとActionScriptの対応表
Flash Player ActionScript
AS1.0 AS2.0 AS3.0
Macromedia Flash Player 4      
Flash Player 5      
Flash Player 6      
Flash Player 7      
Flash Player 8      
Flash Player 9      
Adobe Flash Player 10      
次のページは…
まずはシンボル変換
関連リンク
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
トレーニングプランナー

SATT入社後、m-SchoolでFlashのインストラクターを担当。

トレーニングコースの企画・開発等を経て、現在はトレーニング(企業研修)やeラーニングに関するコンサルティングを担当。

K-1好きは誰にも負けない自信あり。

Flash Beginner's School

RSSフィードで
最新情報を購読