第6回 マスクアニメーションの作り方アニメーションの作り方からActionScript 3.0プログラミングまで、ステップアップで脱初心者

普段、授業をしていて「こんな感じのアニメーションを作りたいんだけど…」と受講者の方からご質問をいただくことがありますが、大抵のものはマスクアニメーションで解決できるものだったりします。作成するのも簡単だし、マスクアニメーションの作り方を覚えておいて損はないはず!

ということで、今回はマスクアニメーションの作り方についてお話します。

作成方法

▼これから作成するアニメーションの完成品

コンテンツの再生には、最新のAdobe Flash Playerが必要です。アドビ システムズのホームページよりダウンロードのうえ、インストールをお願いします。

  1. ステージサイズと同じサイズの画像を配置し、72フレーム目にフレームを挿入します。フレームを挿入したら、レイヤーにロックをかけます。
    72フレーム目にフレームを挿入
    レイヤーにロックをかける
  2. 新規にレイヤーを追加して、[楕円]ツールで円を描き、ムービークリップシンボルに変換します。(色、サイズは任意で構いません。)
    円を描き、ムービークリップシンボルに変換
  3. 丸を描画したレイヤーの1フレーム目を右クリックして、[モーショントゥイーンを作成]を選択します。1、24、48、72フレーム目のそれぞれで、丸を任意の位置に配置します。
    各フレームに、丸を配置する
  4. 丸のアニメーションを作成したレイヤーの、レイヤー名上で右クリックして、[マスク]を選択します。
    [マスク]を選択
  5. [制御]メニューの[ムービープレビュー]を実行して動作を確認します。

以上でマスクアニメーションの完成です。

マスクアニメーションは活用の仕方によって、様々なアニメーションを作成することが可能です。

本連載でもマスクアニメーションの活用方法をいくつかご紹介したいと思います。

次のページは…
スプレーブラシツールの使い方
関連リンク
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
トレーニングプランナー

SATT入社後、m-SchoolでFlashのインストラクターを担当。

トレーニングコースの企画・開発等を経て、現在はトレーニング(企業研修)やeラーニングに関するコンサルティングを担当。

K-1好きは誰にも負けない自信あり。

Flash Beginner's School

RSSフィードで
最新情報を購読