第7回 スプレーブラシツールの使い方アニメーションの作り方からActionScript 3.0プログラミングまで、ステップアップで脱初心者

今回はFlash CS4から加わった新機能の1つ、「スプレーブラシツール」の活用方法として、星空を描いてみようと思います。

▼完成図

完成図

作成方法

  1. 背景となる夜空を作成します。[矩形]ツールを選択して、カラーは線:なし、塗り:線状グラデーションで、ステージサイズと同サイズの矩形を描画します。
    ステージサイズと同サイズの矩形を描画
  2. [スプレーブラシ]ツールを選択して、プロパティパネルで以下のように設定します。
    • カラー:#FFFFFF
    • ランダムに伸縮:チェックをいれる
    • 幅:250px
    • 高さ:250px
      プロパティパネル
  3. ステージに配置された夜空上をクリックして、星を描画していきます。バランスをみながら星を描画していくと、星空が出来上がります。
    星を描画
  4. 最後に月のイラストを配置します。
    月のイラストを配置

以上でスプレーブラシツールを使った星空の完成です。

スプレーブラシツールを上手く使いこなすコツとしては、ブラシサイズを大きめ(200px以上)にした方が、スプレーの粒子が重なり合うことが少ないので、より自然な雰囲気を出せます。

他にも色々な活用の仕方がありますので、違った使い方もご紹介したいと思います。

次のページは…
ボーンツールの使い方
関連リンク
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
トレーニングプランナー

SATT入社後、m-SchoolでFlashのインストラクターを担当。

トレーニングコースの企画・開発等を経て、現在はトレーニング(企業研修)やeラーニングに関するコンサルティングを担当。

K-1好きは誰にも負けない自信あり。

Flash Beginner's School

RSSフィードで
最新情報を購読