第8回 ボーンツールの使い方アニメーションの作り方からActionScript 3.0プログラミングまで、ステップアップで脱初心者

前回に引き続き、今回はFlash CS4から加わった新機能の1つをご紹介します。

ボーンツールとは

ボーンツールを使用してアニメーションを作成すると、インバースキネマティクス(逆運動学)と呼ばれる技術を利用して、人間の腕や足の関節の動きなどを簡単に表現することができます。

ボーンは、個別のシンボルインスタンスや単一のシェイプの内側に作成することができます。

複数のボーンを組み込んで作成することで、今までモーショントゥイーンアニメーションやフレームアニメーションを駆使して作成していたもの以上の動きを表現できます。

今回は、ボーンを作成して、ロボットを動かしてみたいと思います。

▼完成図

コンテンツの再生には、最新のAdobe Flash Playerが必要です。アドビ システムズのホームページよりダウンロードのうえ、インストールをお願いします。

作成方法

  1. パーツ毎にムービークリップシンボルに変換した素材を用意します。
    素材を用意
  2. [ボーン]ツールを選択して、胴体部分から肩にかけてドラッグします。
    [ボーン]ツールで胴体部分から肩にかけてドラッグ
  3. 次に肩から肘にかけてドラッグします。反対側も同様に、胴体から肘にかけて順番にボーンを作成します。
    反対側も同様にボーンを作成
  4. 腕周りのボーンが作成できたら、次は胴体から足の付け根にかけてドラッグします。
  5. 次に足の付け根から膝にかけてドラッグします。反対側も同様に、胴体から膝にかけて順番にボーンを作成します。
    胴体から膝にかけて順番にボーンを作成
  6. 最後に、胴体から頭にかけてドラッグします。[選択]ツールを選択して、動かしてみましょう。
    [選択]ツールを選択して、動かしてみる

    ボーンが作成されると新しくアーマチュアレイヤーが作成され、ボーンを作成したシンボルインスタンスやシェイプはアーマチュアレイヤーに移動します。アーマチュアレイヤーでは、通常のトゥイーンと同様に、タイムライン上でアニメーションを作成することが可能です。

    では、ボーンを作成したロボットを使用して、ロボットが歩行しているようなアニメーションを作成します。

  7. 作成されたアーマチュアレイヤーの48フレーム目にフレームを挿入します。
    作成されたアーマチュアレイヤー
  8. 1フレーム目と48フレーム目は同じ形、24フレーム目は1フレーム目と48フレーム目とは逆の手足を前に出した形を作ります。
    • 1フレーム目と48フレーム目
      1フレーム目と48フレーム目は同じ形
    • 24フレーム目
      逆の手足を前に出した形
  9. [制御]メニューの[ムービープレビュー]を実行して動作を確認します。

以上で完成です。

あとは動作を微調整して自然な動きをつけるのがベストですが、今回はロボットなのでぎこちないくらいが丁度いい・・・ また、背景が少しずつ変化するアニメーションをつけておくと、より自然になると思います。

次のページは…
3D回転ツールの使い方
関連リンク
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
トレーニングプランナー

SATT入社後、m-SchoolでFlashのインストラクターを担当。

トレーニングコースの企画・開発等を経て、現在はトレーニング(企業研修)やeラーニングに関するコンサルティングを担当。

K-1好きは誰にも負けない自信あり。

Flash Beginner's School

RSSフィードで
最新情報を購読