第14回
ActionScript 3.0~検索フォームの作り方アニメーションの作り方からActionScript 3.0プログラミングまで、ステップアップで脱初心者

今回は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでWeb検索できるフォームを作成します。

▼完成

※入力フォームに気になるワードを入力して検索してみてください。

コンテンツの再生には、最新のAdobe Flash Playerが必要です。アドビ システムズのホームページよりダウンロードのうえ、インストールをお願いします。

作成方法

  1. ステージ上にテキスト入力フォームと検索ボタンを作成します。

    ●テキスト入力フォーム
    テキストの種類:テキスト入力
    フォントファミリー:任意
    フォントサイズ:任意
    [テキストの周囲に境界線を表示]にチェック

    ●検索ボタン
    タイプ:ボタン
    形などは任意で構いません。


    テキスと入力フォームと検索ボタンを作成します。
  2. テキスト入力フォームに「search_txt」、検索ボタンに「search_btn」とインスタンス名をつけます。
    テキスト入力フォームのプロパティ
    検索ボタンのプロパティ
  3. スクリプトペインに下記内容のスクリプトを記述します。
    search_btn.addEventListener(MouseEvent.CLICK,Xsearch);
    function Xsearch(evt:MouseEvent){
    	var url:URLRequest = new URLRequest(
    		"http://www.google.co.jp/search?q="+search_txt.text
    	);
    	navigateToURL(url);
    }
  4. [制御]メニューの[ムービープレビュー]を実行して、テキスト入力に入力したテキストが検索できるか、試してみましょう。

今回はGoogleで検索を行うように記述をしています。

navigateToURL()の中に入るURLが実際のリンク先です。[q=]の後にくる[+search_txt.text]が、検索ワードになります。

次のページは…
ロールオーバーとマウスオーバーの違い
関連リンク
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
トレーニングプランナー

SATT入社後、m-SchoolでFlashのインストラクターを担当。

トレーニングコースの企画・開発等を経て、現在はトレーニング(企業研修)やeラーニングに関するコンサルティングを担当。

K-1好きは誰にも負けない自信あり。

Flash Beginner's School

RSSフィードで
最新情報を購読