第24回
ActionScript 3.0 データ型の活用方法アニメーションの作り方からActionScript 3.0プログラミングまで、ステップアップで脱初心者

データ型とは

ActionScript(アクションスクリプト)で取り扱われるデータは、必ず何らかの型に属しています。変数の型宣言をする際や、値の代入を行う際は、このデータ型の特性を理解し、正しく扱う必要があります。

代表的なデータ型

代表的なデータ型の一覧
データ型 説明
String 文字列 文字列のデータ型です。文字列そのものはダブルクォーテーション「“”」で囲んで扱います。
Number 数値 浮動小数点を含む数値のデータ型です。
int 数値 -2,147,483,648~2,147,483,647の整数値のデータ型です。
uint 数値 0~4,294,967,295の整数値のデータ型です。
Boolean 論理値 true(真)またはfalse(偽)のどちらかの値をとるデータ型です。
MovieClip オブジェクト MovieClipインスタンスのデータ型です。
SimpleButton オブジェクト SimpleButtonインスタンスのデータ型です。
TextField オブジェクト TextFieldインスタンスのデータ型です。

数値を扱うような変数を宣言したい場合、Number、int、uintの3つのデータ型が考えられます。Number型は、全ての正負の整数から浮動小数点を含む数値まで、全ての数値を扱うことができます。扱うデータが「正の整数のみ」とあらかじめ決まっているような場合には、uint型で指定するほうが効率的です。

Number型同士の計算(算術演算)

数値(Number、int、uint)同士は算術演算子を使用して計算処理を行うことができます。

Number型同士の計算

String型同士の計算(文字列連結)

文字列(String)同士の算術演算はできませんが、加算演算「+」を使用すると、文字列同士を連結することができます。

String型同士の計算

Number型とString型の計算(文字列連結)

また、数値と文字列も算術演算はできませんが、加算演算「+」を使用すると、「数値が文字列に自動的に変換」され、文字列同士の連結になります。

Number型とString型の計算

数値と数字

0 ~ 9までのアラビア数字をプログラム上で扱う際には、データ型の違いに注意が必要です。人間の目には同じ形の文字に見えても、プログラム上ではその数字が数値(Number、int、uintのいずれかの型)なのか、数字(String型)なのかによって扱い方が異なります。例えば、uint型の100は算術演算が可能な「数値」ですが、String型の"100(イチゼロゼロ)"は、「数字(文字列)」です。

データ型の変換

データ型は意図的に変換することができます。特に、文字と数値を取扱う際に文字⇔数値の変換をする場合が多くあります。ユーザーがテキストフィールドに入力した値は数字かそれ以外の文字かに関わらず、必ずString型になっています。そこで、入力された数字を算術演算で使用するために、String型のデータを数値の型に変換する必要があります。このようにデータ型を意図的に変換することを「キャストする」といいます。

データ型をキャストする方法

例


データ型名(値)


uint(input_txt.text);

この例では、テキストフィールドinput_txtのtextプロパティをuint型に変換しています。このとき、input_txtにアラビア数字以外の数値に変換できない文字などが入力されていた場合は0、Number型に変換しようとしていた場合はNaN(Not a Numberの略)が割り当てられます。

変数の型指定は必須ではありませんが、指定しておくことが推奨されています。型指定をすることで、誤ったデータが代入されるのを防げたり、処理が最適化され高速になったり等、メリットが沢山あります。

関連リンク
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
伊東 茉奈美 (いとう まなみ)
トレーニングプランナー

SATT入社後、m-SchoolでFlashのインストラクターを担当。

トレーニングコースの企画・開発等を経て、現在はトレーニング(企業研修)やeラーニングに関するコンサルティングを担当。

K-1好きは誰にも負けない自信あり。

Flash Beginner's School

RSSフィードで
最新情報を購読