研修サービスの講座一覧気軽にできるグループ研修から、全社的な大規模研修まで

概要

m-Schoolでは、会社・自治体など法人さま向けの企業研修・従業員研修を実施しています。

アドビ システムズ関連のトレーニングから、Microsoft Officeなどのオフィス製品まで、各種カリキュラムをご用意しています。

ポイント
こんな方におすすめ
  • m-Schoolの講座ラインナップに掲載されていないが、研修をしたい製品がある。

このページに掲載されている講座は企業研修(集合研修:講師が出張したり、ルームを貸し切って実施)で実施できるものです。定例開催中の講座も企業研修として実施できます(一部講座を除く)。

Adobe製品の研修

Adobe Acrobat

PDFをビジネスで徹底活用Adobe Acrobat X 入門講座
講座名 PDFをビジネスで徹底活用
Adobe Acrobat X 入門講座
カテゴリー Adobe Acrobat
概要 Adobe Acrobat X(アドビ アクロバット10)の基本的な機能からビジネスで使う活用方法までを習得するトレーニングです。
対象者
  • Adobe Acrobat X(アドビ アクロバット10)を持っているがその機能を知らない方。
  • ビジネスでAcrobatやPDFをもっと活用したい方。
  • チームでPDFのレビュー機能を使いたい方。
  • セキュリティを向上させた電子文書を作成したい方。
習得目標
  • Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)を使った、PDFのページ編集作業の工程を理解できます。
  • ビジネスで活用するさまざまなPDFの利用方法が理解できます。
  • セキュリティの設定方法が理解できます。
  • レビュー機能の送信・確認方法が理解できます。
  • フォームの追加・編集・送信・収集方法が理解できます。
講座内容
  • PDFの概要
  • Adobe Acrobatの特徴
  • PDFの作成
  • スキャンした書類の管理
  • PowerPointを使ったPDF作成
  • ページの編集
  • 共有レビュー
  • 回覧承認
  • PDFフォームによるデータ収集
  • セキュリティ設定
  • デジタルIDの作成
  • マルチメディアの追加
日数の目安 1日間
詳細 詳細は講座紹介ページをご確認ください。

Adobe LiveCycle(アドビ ライブサイクル)

LiveCycle ES: Designing Forms
講座名 LiveCycle ES: Designing Forms
カテゴリー Adobe LiveCycle
概要 Adobe LiveCycle Designer ES(アドビ ライブサイクル デザイナーES)を使用して、さまざまな形式のPDFフォームを作成するための基礎知識とテクニックを習得する講座です。
対象者
  • LiveCycle ESソリューションの導入をお考えで、フォーム作成の基礎を把握したい開発者の方。
  • 普段Acrobatフォーム機能を使用しているが、LiveCycle ES Designerを使用して、より自由度の高い機能が盛り込まれたフォーム作成をしたい方。
習得目標 本コースを修了すると、印刷用フォームやインタラクティブフォーム、簡単なスクリプトが入るフォームなどを作成できるようになり、LiveCycle ESサーバーで利用できるフォーム作成の基礎知識を把握できます。
講座内容
  • 印刷フォームのデザイン
  • インタラクティブフォームのデザイン
  • ユーザー入力とデータ表示の管理
  • フォームインタラクションのスクリプトの記述
  • フローレイアウトの使用
  • 共有および再利用が可能なフォームコンテンツの作成
  • DesignerでのXMLデータの関係の定義
  • バーコードデータのフォーム内での使用
日数の目安 2日間
LiveCycle ES: Building Applications
講座名 LiveCycle ES: Building Applications
カテゴリー Adobe LiveCycle
概要 LiveCycle ES: Building Applicationsは、Adobe LiveCycle ES(アドビ ライブサイクルES)サーバーと開発ツールAdobe LiveCycle Workbench ES(アドビ ライブサイクル ワークベンチES)によるビジネスプロセス開発の必要な基礎知識を、ハンズオン(PCを使用しての実習)を通して習得する講座です。
対象者
  • LiveCycle ESによるアプリケーション開発をお考えの方。
習得目標 本コースを修了すると、LiveCycle ESの全体像を把握でき、LiveCycle ESをベースにしたアプリケーション開発の基盤となる知識を習得できます。
講座内容
  • Adobe LiveCycle ES(Enterprise Suite)の概要
  • Adobe LiveCycle Workbench ESの概要
  • LiveCycleアプリケーションの概要
  • LiveCycle ESアプリケーションでのフォームの使用
  • プロセスの作成
  • ラボ 1(実習)
  • プロセスのデプロイ
  • アプリケーションのモニタリングおよびトラブルシューティング
  • プロセスフローを制御するためのビジネスルールの実装
  • ラボ 2(実習)
  • プロセス内でのFormsサービスの使用
  • プロセス内でのRights Managementサービスの使用
  • Reader Extensionsサービスの使用
  • プロセス内でのフォームガイドの作成およびレンダリング
日数の目安 3日間
アドビ公式ホームページにLiveCycle記事掲載中

アドビ システムズの公式ホームページにて、m-Schoolが執筆したLiveCycleの記事が掲載中です。

Adobe Presenter(アドビ プレゼンター)

プロの使い方を学ぶ Adobe Presenter 入門講座
講座名 プロの使い方を学ぶ Adobe Presenter 入門講座
カテゴリー Adobe Presenter
概要 Adobe Presenter(アドビ プレゼンター)による、プレゼンテーションの作成を習得します。
対象者
  • 情報を簡単・迅速に発信したい、営業・マーケティング担当者。
  • 製品の仕様説明をスピーディーに行いたい、開発担当者。
  • コストを抑えて社内研修を実施したい、人事担当者。
習得目標 本コースを修了すると、PowerPointを使った教材作成から、音声や映像を含むFlashコンテンツ、テストやアンケートの作成まで、Adobe Presenterによる制作技法を習得できます。
講座内容
  • Adobe Acrobat Connect ProfessionalとAdobe Connect製品ファミリーの紹介
  • オーディオの追加 Adobeプレゼンテーションのパブリッシュ
  • Flashコンテンツの追加
  • クイズの追加
  • コンテンツライブラリの管理
  • トレーニングコースの作成
  • トレーニングカリキュラムの作成
日数の目安 1~2日間
Adobe Presenterとは

Adobe Presenterも含む総合ソリューションAdobe Acrobat Connect Pro(アドビ アクロバット コネクト プロ)をSATTサイトでご紹介中です。

Adobe Flash Media Server 3(アドビ フラッシュ メディア サーバー)

Adobe Flash Media Server 3: ストリーミングメディア アプリケーションの開発
講座名 Adobe Flash Media Server 3: ストリーミングメディア アプリケーションの開発
カテゴリー Adobe Flash Media Server
概要 Adobe Flash Media Server 3(FMS3:フラッシュ メディア サーバー3)のストリーミング、音声およびビデオ配信機能を中心に、Flashアプリケーションの開発やサーバー機能について3日間で習得する、アドビ認定トレーニングです。
対象者
  • Flash Media Server 3(FMS3)による、音声や動画の配信を含むFlashアプリケーションを開発したい。
  • FMS3の運用管理を行いたい。
習得目標
  • 音声や動画を含むFlashアプリケーションの概要が把握できます。
  • Adobe Flash Media Server(FMS)で音声や動画を取り扱うFlashコンポーネントを理解できます。
  • FMSでのActionScriptの知識を習得できます。
  • 音声や動画のストリーミングとライブストリーミングを習得できます。
  • FMSの運用管理機能を習得できます。
講座内容
  • 音声や動画を含むFlashアプリケーションの概要
  • FMSに関連する音声および動画を取り扱うFlashコンポーネント
  • FMSにおけるActionScript
  • 音声および動画のストリーミング
  • 音声および動画のライブストリーミング
  • FMSのサーバーサイドActionScript
  • Shared Objectの取り扱い
  • メッセージ型データの配信
日数の目安 3日間

Office研修

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)

新入社員向け Microsoft Word 2007 使い方講座
講座名 新入社員向け Microsoft Word 2007 使い方講座
カテゴリー Microsoft Word 2007
概要 Microsoft Word 2007(マイクロソフト ワード2007)でビジネス書類を作成するための、基本操作から応用的な使い方までを、わかりやすく説明します。
対象者
  • 情報を簡単・迅速に発信したい、営業・マーケティング担当者。
  • 製品の仕様説明をスピーディに行いたい、開発担当者。
  • コストを抑えて社内研修を行いたい、人事担当者。
習得目標
  • 文書作成の基本操作を学ぶ。
  • 文書のやり取りに必要な知識と方法を身につける。
  • Word 2007の新機能を知る。
  • 作業の効率化をはかる。
  • ビジネス文書のつくりかたを習得する。
講座内容
  • 基本操作
  • 文書作成
  • 応用技紹介
日数の目安 1日
新入社員向け Microsoft Excel 2007 使い方講座
講座名 新入社員向け Microsoft Excel 2007 使い方講座
カテゴリー Microsoft Excel 2007
概要 Microsoft Excel 2007(マイクロソフト エクセル2007)の初心者を対象に、基本の操作方法からビジネスにおける活用方法まで、短期間で習得できるハンズオントレーニングです。
対象者
  • 就職内定者・勤務歴の浅い新入社員。
  • ビジネスでExcelを活用したい方。
  • Excel 2007のインターフェイスを理解したい方。
習得目標
  • Excelの基本を習熟できる。
  • ビジネスにおけるExcelの活用方法を理解できる。
  • 短期間でExcelのポイントを理解できる。
  • 経営者視点の利用方法を理解することができる。
  • トーク技術を磨くことができる。
講座内容
  • Excelの操作をマスターする
  • 数式を使った計算をマスターする
  • グラフの基本をマスターする
  • 基本のエトセトラをマスターする
日数の目安 1日
新入社員向け Microsoft PowerPoint 2007 使い方講座
講座名 新入社員向け Microsoft PowerPoint 2007 使い方講座
カテゴリー Microsoft PowerPoint 2007
概要 Microsoft PowerPoint 2007(マイクロソフト パワーポイント2007)の初心者を対象に、PowerPointのよく使う基本操作をしっかりと学習します。
対象者
  • 就職内定者・勤務歴の浅い新入社員。
  • ビジネスでPowerPointを活用したい方。
  • PowerPoint 2007のインターフェイスを理解したい方。
習得目標
  • PowerPointの基本操作を習得できる。
  • PowerPointの全体像を習得できる。
  • 基本操作からスライドを作成できる。
  • SmartArtや図形やグラフを追加できる。
  • アニメーション効果の効果的な適用方法を習得できる。
講座内容
  • PowerPointの基礎知識
  • プレゼンテーションの作成
  • プレースホルダと文字の編集
  • 図やオブジェクトの挿入と編集
  • 図形の作成と編集 特殊効果とスライドのデザイン設定
  • プレゼンテーションをサポートする機能
  • 便利な機能
日数の目安 1日
新入社員向け Microsoft Access 2007 使い方講座
講座名 新入社員向け Microsoft Access 2007 使い方講座
カテゴリー Microsoft Access 2007
概要 Microsoft Access 2007(マイクロソフト アクセス2007)の初心者を対象に、基本の操作からビジネスにおける活用方法まで、短期間で習得できるハンズオントレーニングです。
対象者
  • 就職内定者・勤務歴の浅い新入社員。
  • データベースで情報を整理したい方。
  • データベースを体験したい方。
  • 大量データを分析したい方。
  • プログラムが苦手な方。
習得目標
  • データベースの考え方がわかる。
  • 情報の整理の仕方がわかる。
  • 大量データの扱い方を学ぶ。
  • プログラムを書かなくても、簡単にできることを知る。
  • Accessが貴方の強力なビジネスツールになることを知る。
講座内容
  • RDBMS(リレーショナル・データベース・マネージメント・システム)
  • データベース周辺のシステム(3層アーキテクチャ、システムのスケール感)
  • RDBのつくり(基本構造、データ型、主キー、外部キー、リレーション)
  • Accessでごくごくカンタンな「販売管理」のデータベースを作ってみる
  • データベース設計のキモ・正規化 ~フィーリングで理解~
  • 今日習得した内容がどのように適用されるか?を紹介
  • Accessで帳票を作る
日数の目安 1日

eラーニング教材制作

プロが教えるeラーニング入門講座
講座名 プロが教える eラーニング入門講座
カテゴリー eラーニング
概要 eラーニング(e-Learning)の活用は、現在の教育シーンでは重要な教育手段のひとつになっています。しかし、いざ自分たちでeラーニングを導入・実施しようとすると、さまざまな知識や環境が必要となります。
講座では、実際に制作現場での経験を持つ「eラーニング教材制作のプロ」が講師となり、運用術をわかりやすくご説明します。
対象者
  • eラーニングシステムの導入を検討している。
  • eラーニングの教材制作を検討している。
  • eラーニングの運用改善を検討している。
  • プロジェクトマネージャーとしてeラーニングに全体像を把握する必要がある。
習得目標
  • eラーニングの基礎知識が身につきます。
  • eラーニングシステムを選定・導入ができます。
  • eラーニングを運用するための、必要な作業が理解できます。
  • 教材コンテンツ作成に必要な基礎知識が身につきます。
  • コンテンツ制作ツールの使い分けが理解できます。
講座内容
  • システムの選定方法
  • システムの運用準備
  • システムの運用評価と改善作業
  • コンテンツ作成企画
  • 作成ツールの選定
  • コンテンツの設計
  • 具体事例からみるeラーニング
日数の目安 1日
詳細 詳細は講座紹介ページをご確認ください。
徹底解説SCORM 1.2 入門講座
講座名 徹底解説 SCORM 1.2 入門講座
カテゴリー eラーニング
概要 eラーニング(e-Learning)の標準規格SCORM(スコーム)の概要や、SCORMの中でも重要な要素のマニフェストファイルについてなど、eラーニング制作のポイントを1日で習得するトレーニングです。
対象者
  • SCORMの知識を必要とする、教材制作のディレクション、システム開発者、コンテンツ開発者。
  • SCORM技術者の資格を取得したい。
習得目標
  • SCORM 1.2(スコーム1.2)に対応したeラーニングコンテンツの開発に必要な知識を習得できます。
  • 難解な仕様書を読み解くためのポイントを整理できます。
  • SCORMで使われるXMLファイルについて理解できます。
講座内容
  • SCORM 1.2の概要について
  • SCORM Accessibilityの重要性
  • コンテンツアグリゲーションモデルの解説
  • ランタイム環境の解説
  • LMSとSCOとの通信
  • API関数の呼び出し遷移
  • Run-time Meta-data 絶対条件
  • SCORM 2004への導入
  • SCORM 1.2とSCORM 2004のシーケンシングの違い
  • シーケンシングの動作例
日数の目安 1日
詳細 詳細は講座紹介ページをご確認ください。
徹底解説SCORM 2004 入門講座
講座名 徹底解説 SCORM 2004 入門講座
カテゴリー eラーニング
概要 最新のeラーニング(e-Learning)標準規格SCORM 2004(スコーム2004)の概要とポイントを、1日で習得するトレーニングです。
対象者
  • SCORM 2004の知識を必要とする教材制作のディレクション、システム開発者、教材開発者。
  • SCORM技術者の資格を取得したい。
習得目標
  • SCORM 1.2とSCORM 2004の違いを理解できます。
  • マニフェスト定義ツールの操作方法を理解できます。
  • SCORM 1.2教材の2004移行ポイントを理解できます。
  • 教材制作に役立つツールを理解できます。
講座内容
  • API関数の呼び出し遷移
  • SCORM2004への導入
  • SCORM 1.2とSCORM2004のシーケンシングの違い
  • シーケンシングの動作例
  • SCORM1.2と2004のエラーコード比較
  • データタイプについて
  • SCORM2004デモコンテンツの概要
  • オープンソースの現状
  • ReloadEditor2004の使用方法について
  • 教材作成に役立つツール
日数の目安 1日
詳細 詳細は講座紹介ページをご確認ください。
SCORM技術者 試験対策講座
講座名 SCORM技術者 試験対策講座
カテゴリー eラーニング
概要 本イーラーニングコンソシアム(eLC)が認定するeラーニング・プロフェッショナル資格制度のひとつである、「SCORM技術者」を取得するポイントを、短期間で習得する講座です。
対象者
  • SCORM技術者の資格を取得したい。
  • SCORMアセッサの資格から移行したい。
  • SCORM規格の内容を横断的に知りたい。
  • 最新バージョンのSCORM2004とSCORM1.2の違いを知りたい。
習得目標
  • SCORM技術者試験を受ける前に、知識をまとめられます。
  • SCORM規格に関する概要を学べます。
  • SCORM 1.2/2004に関するランタイム環境、およびコンテンツアグリゲーションモデルに関する基本知識を習得できます。
  • SCORMのコンテンツを制作するうえでの、留意点を習得できます。
講座内容
  • SCORM規格の目的
  • SCORMの概要
  • SCORM 2004概要
  • SCORMに関する活用スキル
日数の目安 1日
詳細 詳細は講座紹介ページをご確認ください。

ビジネス研修

部下育成、コーチング

よりよい人間関係形成とコミュニケーションスキルを学ぶ心理学チームリーダーのための交流分析/NLP入門講座
講座名 よりよい人間関係形成とコミュニケーションスキルを学ぶ心理学
チームリーダーのための交流分析/NLP入門講座
カテゴリー ビジネス
概要 自分が変わることで相手との“関係”を変え、よりよい人間関係を形成とコミュニケーションスキルを心理学から学ぶ、チームリーダーのための入門講座です。
対象者
  • チーム(組織)のコミュニケーションを活性化させたい方。
  • リーダーとしての指導力を強化したい方。
  • 人と接する機会が多い方。
  • 人間関係で悩んでいる方。
  • 人とのコミュニケーションが苦手だと思っている方。
習得目標
  • 自身のコミュニケーションスタイルの現状に気づくことができます。
  • 人間の行動や思考過程を理解できます。
  • 対人コミュニケーションで配慮するポイントを体験から学べます。
  • よりよい人間関係形成のための効果的な手法を実践から学べます。
講座内容
  • コミュニケーションの特徴を知る
  • 人の考え方、行動を理解する
  • ありがちなコミュニケーションパターンとは
  • 互いを認め合うストローク
  • 相手を受容する積極的傾聴と効果的なフィードバック
日数の目安 1日
詳細 詳細は定例講座のページをご確認ください。
120分でわかる部下のモチベーションを高める指導術 実践講座
講座名 120分でわかる
部下のモチベーションを高める指導術 実践講座
カテゴリー ビジネス
概要 部下のモチベーションを高めるためには、自分自身のマネージメント・スタイルを変革することが必要です。どうすればスタイルを変えられるか、そのための基本理論を学び、自分自身に最適な適応を考えます。
対象者
  • モチベ-ションの基本理論が知りたい。
  • 管理者の役割、リーダーシップの発揮方法について学びたい。
習得目標
  • 部下のスキルや経験に応じた上司の関わり方、対応法がわかります。
  • リーダーシップとはなにか、どう発揮すればいいのか、について理解できます。
講座内容
  • マズロー、ハーズバーグなど古典的理論をはじめ、今でも使える近代手法をベースに、状況に応じたリーダーシップを発揮する方法を学びます。
日数の目安 2時間

顧客満足、ビジネススキル

営業/SEのための採用される!勝てる提案書の作り方講座
講座名 営業/SEのための
採用される!勝てる提案書の作り方講座
カテゴリー ビジネス
概要 営業やSEが一番苦手とする『顧客向け提案書』の書き方を学びます。 読んでもらえる・聞いてもらえる提案書のポイントを知ることで、競争に勝つことを目指します。
対象者
  • そもそも提案書とは何で、どんなことを書いたらいいのか分からないと悩む方。
  • せっかく書くなら勝てる提案書を出したい、と願う方。
  • 経営戦略だ、IT戦略だとと言われても、言葉の意味さえ理解に困っている方。
習得目標
  • 待ち営業と攻め営業の違いを理解します。
  • 見積書と提案書の違いを知ります。
  • 顧客の概念について理解します。
  • 提案書の構造と内容の概要さわり部分を紹介します。
講座内容
  • 営業・SEの活動に求められるスキル、マインド
  • 提案書の基本的な書き方
  • 見積書と提案書の違い
  • 顧客満足度向上とはなにか
日数の目安 2時間

経営戦略

次世代リーダーのための経営戦略講座
講座名 次世代リーダーのための経営戦略講座
カテゴリー ビジネス
概要 ワークショップを通じて、企業戦略のマネージメント思考技術を習得! バランス・スコアカードを習得し、戦略の策定から実行、評価までを実践します。
対象者
  • マネージメント力を実践的に身につけたい中堅クラス・リーダーの方。
  • マネージャーとして必要な力をつけたい新任・若手社員の方。
  • すでに企業内で戦略を策定しているが、うまく戦略が機能しない企業経営者の方。
習得目標
  • 企業および企業をとりまく環境の現状分析方法が実践で身につきます。
  • 戦略策定・実行・評価ツール「マイストラ」の使い方が理解できます。
  • 戦略マップの作り方・見方・使い方が理解でき、実際に作成できます。
  • 戦略の実行方法と評価の仕方が実践で理解できます。
講座内容
  • 貴社独自の戦略マネージメント手法を確立する必要性を認識する。
  • バランス・スコアカードの良さを真に理解する。
  • 戦略マップを論理的に作成する手法を理解する。
  • マネージメントを継続・定着させるにはITの必要性を理解する。
  • 以上を理解した上で戦略策定の演習(ワークショップ)を行う。
日数の目安 1日
そのほか そのほか詳細は定例講座のページをご確認ください。
経営数字と経営戦略の仕組みをいっぺんに理解する実践講座
講座名 経営数字と経営戦略の仕組みをいっぺんに理解する実践講座
カテゴリー ビジネス
概要 普段の実務現場やビジネススクールでは個別にしか学ぶことができない経営戦略と経営数字を、わかりやすい事業ケースを用いて解説する講座です。
対象者
  • 営業やSEのため、今まで経営戦略・経営数字を学ぶ機会がなかった方。
  • 経営戦略や経営数字を個別に学んだが、両者がどう関連しているかよくわからない方。
  • 今後、マネージャー・新商品開発・新事業開発者を志向される方。
習得目標
  • 経営戦略およびマーケティングの基本が理解できます。
  • マーケティングの構築技法/企画手法について理解できます。
  • 経営数字におけるP/L、B/Sの基本を学べます。
  • 経営戦略・マーケティングと経営数字の関連性を実践します。
  • 経営数字作成テンプレートにより、事業PLを作成できます。
講座内容
  • 経営戦略およびマーケティングの基本を知る
  • マーケティングにおけるAIDMA/AISAS、企画手法の基礎を理解する
  • 経営数字におけるP/L、B/Sを学び、P/L、B/Sの作成方法を理解する
  • 戦略戦略・マーケティングと経営数字の相関関係を学ぶ
  • 経営戦略・マーケティングに基づく収益シミュレーション、FS(フィジビリティスタディ)の作成方法を知る
  • 経営数字による経営管理手法(KPIによるPDCA)を学ぶ "
日数の目安 1日
詳細 詳細は定例講座のページをご確認ください。
関連リンク

研修サービスの講座一覧

 

研修サービスへ

m-Schoolでは、会社・自治体など法人さま向けの企業研修・従業員研修を実施しています。

RSSフィードで
最新情報を購読