EPUB小規模出版 無料勉強会電子書籍の「執筆・作成・配布/販売」を語る交流会 in 東京

公開講座についてのお知らせ

この度、「公開講座」を、2014年3月末をもちまして終了とさせていただくこととなりました。
サービス開始よりご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

なお今後は、「公開講座」にて培ったノウハウを盛り込みながら、同ブランドの『法人研修』につきまして、一層充実したサービスを提供してまいります。
つきましては引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

概要

EPUB小規模出版 無料勉強会 電子書籍の「執筆・作成・配布/販売」を語る交流会 in 東京

EPUB小規模出版 無料勉強会は、電子書籍のフォーマットとして利用の広がりが期待されているEPUB(Electronic PUBlication)による小規模出版についての情報交換を目的としています。

「EPUBとは?」といった概要から、執筆、ファイル作成、配布や販売など、各段階の具体的な内容について疑問や経験を共有し、EPUBの有効利用を目指します。 さまざまな業種・立場の方々の観点から、多角的な意見交換ができれば幸いです。

この勉強会で、できること
  • EPUB形式について理解を深められます。
  • EPUB書籍を作成するために必要な知識・環境について理解が深まります。
  • EPUB書籍の配布・販売について理解が深まります。
  • EPUB書籍の利用事例について理解が深まります。
  • 事例の発表、告知、宣伝ができます。
こんな方におすすめします
  • EPUBでの出版について概要を知りたい方。
  • Web業界でEPUB出版に興味がある方。
  • 出版・印刷業界でEPUB出版に興味がある方。
  • 個人・グループでのEPUB出版に興味のある方。
  • 教育・トレーニング分野でのEPUB利用に興味のある方。
  • 事例の発表、告知、宣伝をしたい方。

本勉強会は、m-Schoolの通常の有料講座ではなく、無料勉強会(資料を使ったセミナー形式+質疑応答やディスカッションなど)です。お間違えのないようご注意ください。

勉強会の内容

EPUB形式による小規模出版に関する意見と情報の交換

EPUB小規模出版 無料勉強会 - 電子書籍の執筆・作成・配布/販売を語る交流会 in 東京

EPUB規格の最新バージョンとなるEPUB 3.0(EPUB 3)により、縦書きに代表される日本語組版が仕様上は可能になりました。しかし現実には、使用に耐える製作環境や、閲覧環境の普及が必要となります。

一方、EPUB 3が制定された後でもEPUB 2書籍は、引き続き利用できます。

本勉強会では、上記のようなEPUBの動向や情報、意見の交換を目的として、EPUBの有効利用を目標としています。

EPUB書籍(EPUB 2/3)による、個人・グループに代表される小規模出版について、活発な意見交換をしましょう!

EPUB 3は2011年10月にIDPFより勧告されました。その後、EPUB 3規格を拡張する各種モジュールの策定に向けて討論が進んでいます。

おもな議題

EPUB小規模出版 無料勉強会では、EPUBに関する概要やEPUB書籍の執筆・制作、配布や販売に関する理解や問題点の共有をおもな議題とします。

今回の勉強会は、EPUB 3の現状がテーマです。

  • EPUB 3対応のリーディングシステムは?
  • リーディングシステムではEPUB 3規格をどこまでサポートしている?
  • EPUB 3書籍作成時の注意点

また、事前に「取り上げてほしい情報」「参加者と話し合いたい質問」などを募集します。おそれいりますが、お申し込みの際はアンケートのご協力をお願いいたします(お申し込み時の返信メールをご確認ください)

内容は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

講師

林 拓也 (はやし たくや)
フリーランス Flashオーサリングエンジニア
Adobe認定インストラクター|Flash

マルチメディア系制作会社を退職後、フリーランスとしてDirector、Flashのオーサリングを中心に活動。各種アプリケーションのインストラクターとしても多くの実績があり、Macromedia(現Adobe)認定資格も多数取得。

書籍や教材用テキストの執筆も行うなど、活動は多岐にわたる。

著書

  • EPUB 3 スタンダード・デザインガイド[共著](マイナビ)
  • 電子書籍らくらく作成PACK(技術評論社)
  • iPad Apps Perfect GuideBook[共著](ソーテック)
  • デザインの学校 これからはじめるActionScriptの本(技術評論社)
  • デザインの学校 これからはじめるFlashの本(技術評論社)
  • 速習Webデザイン ActionScript 3.0(技術評論社)
  • ActionScript 3.0 逆引きクイックリファレンス(毎日コミュニケーションズ)
  • FLASH Video & Sound テクニカルガイド(毎日コミュニケーションズ)

スケジュールにより講師が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

開催レポート

EPUB小規模出版 無料勉強会 開催の様子

進行は、m-Schoolでおなじみの林 拓也先生です。

EPUBに関する概要、EPUB書籍の執筆・制作、配布、販売に関する問題点の共有といったEPUBに関連する幅広い内容が議題となりました。

たとえば「EPUBのよいところ」として、下記のような意見が出ました。

  • 小さいデバイスでも見やすい
  • 一個作ればいろんなデバイスで見れる
  • アプリだと作るのが大変(販売するにも)だが、簡単にできる
  • 親和性が高いので、検索しやすい スタイルシートが流用できる
  • PDFにはできない本ぽく見せられる表現が作れる
  • メモやハイライトができる
  • EPUBだけじゃないけどリンクが貼れる
EPUB小規模出版 無料勉強会 開催の様子

そのほか、EPUBを軸とした多岐にわたる話題がみなさんから出ました。

  • EPUBの規定について
  • 残念なEPUBリーダー
  • EPUBの事例
  • EPUBのデータ容量について
  • 参加者によるDRMを売りにしたサービスのお話
  • EPUB制作からデータ受け渡し、決済までできるサイトの紹介 など

レポートの詳細は、下記のm-School公式ブログよりご覧ください。

FAQ

 

受講前

どのような形式で開催されるのですか。

資料を使ったセミナー形式に加え、質疑応答やディスカッションなどの勉強会形式で行います。

出版業界に携わっていませんが問題ないでしょうか。

はい、電子書籍に関心のある方なら、どなたでも参加いただけます。

関連用語・キーワード

電子書籍とは

電子書籍とは、従来の印刷された紙(アナログ)の本ではなく、パソコンやモバイル端末で読むことができるデジタルで制作・出版された書籍のことです。「電子ブック」「デジタルブック」などとも呼ばれます。

Apple iPad(アップル アイパッド)Amazon Kindle(アマゾン キンドル)のヒットと普及により、近年大きく注目されるようになりました。

一般的な印刷物の本に比べ、

  • 大量の巻数・ページ数があっても、デジタルなので場所を取らない。
  • ひとつの端末に何冊も保存できるので、持ち運びに便利。
  • インターネット上から書籍をダウンロードできるので、欲しいときにいつでも購入できる。
  • 文字だけでなく、ビデオ動画や音楽なども利用できる。

などの特長があります。

しかし、閲覧するためのソフトやファイル形式(ファイルフォーマット)、著作権などの問題により、広く普及に至っていないのが現状です。また、書店などの販売だけでなく、著作者が直接販売することも容易になるため、既存の流通経路が大きく変化する可能性も指摘されています。

EPUBとは

EPUB(ePub、イーパブ)とは、電子書籍の標準化団体International Digital Publishing Forum(IDPF)が策定する電子書籍のファイルフォーマットの規格です。

仕様が公開された“オープンかつフリーな規格”として人気を博し、欧米を中心に普及が広まりました。Web標準としておなじみのHTMLやCSSをベースとした規格のため、現在のWeb規格と親和性が高いことが特長です。

EPUB2では日本語の縦組み(縦書き)が利用できませんでしたが、EPUB 3では日本語に正式対応が予定されています。

今後世界的な電子書籍の標準フォーマットとして利用されることが期待されます。

EPUB 3は現在IDPFが策定中です。2011年中頃に正式公開が予定されています。

m-Schoolとは

m-Schoolとは?

m-School(エムスクール)は、Adobe製品を中心とした最新のIT技術を習得できる、法人向け研修トレーニングセンターです。

講座風景

詳細ははじめての方へ m-Schoolのご案内にてご紹介中です。

アドビ認定トレーニングセンター

アドビ認定トレーニングセンター(AATC:Adobe Authorized Training Center)

インストラクターの資格やトレーニングコース、設備のすべてにおいて高い水準を維持していることが認められ、アドビ認定トレーニングセンター(AATC:Adobe Authorized Training Center)として認可を受けています。

駿台予備学校でおなじみ、駿河台学園が運営

駿河台学園

駿河台学園グループのIT教育専門会社であるSATTが運営しています。教育専門機関ならではの、質の高い「教育サービス」を提供する「安心」と「信頼」をご提供します。

日程・お申し込み

EPUB小規模出版 無料勉強会電子書籍の「執筆・作成・配布/販売」を語る交流会 in 東京
情報 受付番号 KMAD
名称 EPUB小規模出版 無料勉強会
~ 電子書籍の「執筆・作成・配布/販売」を語る交流会 in 東京
種別 勉強会
資料を使ったセミナー形式+質疑応答や、ディスカッションなどを主とした勉強会形式です。
カテゴリー 電子書籍
開催時間 時間 13:00~15:00(12:40より受付)
当日の状況により延長の可能性もあります
総時間 2時間
開催場所 会場
m-School (エムスクール)
〒101-0061 東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル8階
m-Schoolへのアクセス・地図
応募 定員 15名
会費 無料
そのほか 事前アンケート 本勉強会では、みなさまからのアンケートによるご意見からテーマを決めさせていただいております。お手数ですが、お申し込み時にメールにてお送りする「受講証」に記載のURLから、簡単な事前アンケートにご協力をお願いいたします。
アンケートのお願い

本勉強会では、みなさまから事前にアンケートによるご意見をいただいております。お手数ですが、お申し込み時にメールにてお送りする「受講証」に記載のURLから、簡単な事前アンケートにご協力をお願いいたします。

事前にお知らせいただくことで、勉強会のテーマとして取り上げられる可能性が広がります。あわせて他の質問にもご回答いただけると幸いです。

関連リンク

EPUB小規模出版 無料勉強会

 

イベント一覧へ

 
EPUB小規模出版 無料勉強会
種別 勉強会
カテゴリー 電子書籍
開催時間 13:00~15:00
会場
m-School (エムスクール)
〒101-0061 東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル8階
m-Schoolへのアクセス・地図
定員 15名
会費 無料

RSSフィードで
最新情報を購読